採用広報支援サービスのFAQ

採用広報支援サービスご利用のFAQ

今回は、当社サービスをご利用になる際のFAQをご紹介します。

採用広報コンテンツの制作について

採用広報はどのような職種に向いていますか?
採用広報は企業全体の採用ブランド価値を高めるための活動(採用ブランディング)ですので、基本的にはどの職種にも対応しています。ターゲット人材にとっての魅力を分析した上で採用広報を展開すれば効果が高まります。

採用広報で必ず人材が採用できますか?
採用広報は人材獲得を保証する活動ではなく、長期的な視点に立脚した企業の採用ブランド価値を高めるための活動です。採用広報を通じた求職者の企業理解とファン化により、採用環境を少しずつ好転させていきましょう。

契約後、採用広報の記事が公開されるのはいつ頃になりますか?
ご契約後、キックオフMTGにて要件定義や各種ヒアリングを実施いたします。その後、必要に応じて戦略策定やコンテンツ企画検討を行いますため、最初の記事公開はキックオフMTGから通常2~3ヶ月後となります。お急ぎの場合にはご相談ください。

制作した記事の修正は可能でしょうか?
はい、可能です。貴社のチェックを経た上で記事校了となります。ただし、公開済の過去記事修正は別途修正費用を頂戴しております。

制作した記事や撮影画像の著作権について教えて下さい。
制作した記事やご提出した写真の著作権は全て貴社に帰属します。
尚、当社が自社資料内で事例として使用させて頂く場合がございます。予めご了承ください。

撮影のために指定された場所を訪問する必要はありますか?
撮影は貴社内や周辺を想定しております。撮影に適した場所をご用意ください。ご要望がある場合は別途お知らせ下さい。

社内イベントや社内行事のレポート記事はどのように制作するのですか。
社内イベントや社内行事については、貴社側で撮影(スマートフォンで大丈夫です)いただき、写真をご送付ください。レポート制作に必要な情報をいただいた上で、当社が記事化いたします。

地方企業です。取材や撮影のために来社してもらえるのですか?
当社では、取材は対面で行うべきと考えております。そのため、首都圏以外の企業様の場合には数ヶ月に一度ご訪問させていただき、複数記事分の取材や撮影をまとめて行っております。
関西圏の企業実績もございますので、お気軽にお問い合わせください。
事情によりオンライン取材を併用する場合もあります。

オプションについて

SNSの運用はお願いできますか?
可能です。お問い合わせください。

応募者管理やエントリーへの対応はできますか?
可能です。オプション対応となります。但し選考は貴社側で行ってください。

ダイレクトリクルーティングへの対応はできますか?
可能です。オプション対応となります。

採用サイトの制作は依頼できますか?
オプションで可能です。Webマーケティング企業で約2,000社のWeb制作支援に携わった経験豊富なスタッフが対応させていただきます。お問い合わせください。

契約・お支払について

支払いは月ごとですか?一括払いですか?
お支払いは月毎とさせていただいております(月末締め翌月末お振込)。
初期費用はご契約時にお支払いください。採用広報活動は長期的に継続することが重要であるとの観点から当社では年間契約をお願いしております(4ヶ月目以降の解約は自由)

解約はできますか?
採用広報活動は長期的に継続することが重要であるとの観点から当社では年間契約をお願いしておりますが、ご契約後4ヶ月目以降の解約は自由となっております。

解約はいつまでに申し出ればよいですか?
解約ご希望日の1ヶ月前までにお申し出ください。

契約したい場合はどのように手続きすればよいですか?
当社フォームよりご連絡ください。契約書を送付いたします。

カキモトリクオフィスの採用広報支援サービスはこちらをご覧ください。

採用広報支援サービス

関連記事

  1. 採用広報とは

  2. 採用広報のステージ

    採用広報のステージ

  3. コロナ後にやってくる離職者増加に備える採用力強化アイキャッチ

    コロナ後の離職者増加に備えるべき採用力強化

  4. 採用マーケティングと消費者購買行動モデルアイキャッチ

    採用マーケティングと求職者行動モデル

  5. 効果的なスカウトメールのパーツ化アイキャッチ

    スカウトメールの返信率向上に効果的な文面のパーツ化を解説

  6. 採用広報のメディア戦略

    採用広報のメディア戦略

  7. 採用広報コンテンツが企業・求職者から求められる理由とは

    採用広報コンテンツが企業・求職者から求められる理由とは

  8. merit

    採用広報・採用ブランディングの外部コンサルタントを活用するメリット

PAGE TOP